スタッフ紹介

代表取締役 ビジネス プロデューサー
JTB総合研究所 客員研究員

橋本 英重(はしもと ひでしげ)

<メッセージ>
20世紀は、「ものづくり」を中心とした工業化社会において資本主義と社会主義が切磋琢磨をしてきた時代です。そして、21世紀は新たな「スーパーソフトウェア」と呼ぶべき方向性に向かい、人々の営みが変革期を迎えています。現在、人間の活動は知的生産活動へと向かっているのではないでしょうか。
これまでの価値から、正しい認識により厳選された判断を持つ創造的な進化を伴った価値ある営みが、これからの100年間の活動において重要なことであり、活動の規範となるべきものと考えます。知的財産を含んだメッセージおよびコンテンツは、ますます我々の方向性を示しているのだと思わずにはいられません。
そして、21世紀はまだ始まったばかりです。
これまでの流れを読みつつ、この新たな航海の始まりを、緊張しながらも、希望とともに歩んでいけたら、ほんとうに良いと思うのです。

<略歴>
早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 国際経営学修士課程修了
大日本印刷株式会社の映像企画制作部門にてセールスプロモーション用のビデオ制作、美術芸術などの紹介ビデオやイベント映像などを手がける。
その後、ギャガ・コミュニケーションにて、映画プロモーションのためのBS・CS事業の立ち上げ、MTVジャパンにて、メディア戦略とプロデュース現場との統括を行う。
その後独立。早稲田大学経営大学院でのプロジェクトの成功から、教育コンテンツの企画、運営を手がけ、株式会社セルフウイング社の創業において、起業家教育プログラムや知的財産プログラムの開発に従事。
また、2008年まで早稲田大学インキュベーション推進室インキュベーターマネージャーも務め、インキュベーション事業や初期(アーリィステージ)のベンチャー企業のコンサルティングも行う。
2009年より宇都宮大学にて客員教授として「地域環境モデレーター」プログラムの企画・運営を実施する。
現在は、そうしたコンサルティングに加え、コンテンツビジネスとその周辺事業のプロデュースや大学と連携した地域活性化のための人材育成のプロデュースも行う。



ビジネス ディレクター
渡辺 彩子(わたなべ あやこ)
<略歴>
2014年 中央大学ビジネススクール戦略経営研究科(MBA)修了
明治学院大学 国際関係学部卒業。 2年間の販売職を経て、2002年より起業家教育のベンチャー企業である株式会社セルフウイングに所属。
現在は、専門領域である実践共同体理論、知識創造論をベースに事業プロデュース、
コンテンツディレクション、教育コンテンツ企画、講師をおこなっている。
特に、海外向けECサイトを活用した海外展開の事業企画、実行サポートを行う。

<主な実績>
・不動産会社様インナーブランディングファシリテーション
・建設会社様プロジェクト型人材育成
・大手旅行会社様社内業務フロー映像コンテンツディレクション
・国、行政機関、商工団体の事業での地域活性化のための教育プログラムの企画、運営、講師、
   コンサルティング



クリエイティブ・プロデューサー
吉田 和彦(よしだ かずひこ)
<略歴>
早稲田大学 理工学研究科修了
印刷会社入社後、マルチメディア・CGアニメーションの企画・製作を行う。
主な実績は、万博展示CGアニメーション、特撮CG、CGによる江戸の下町復元、ドラマオープニング、バーチャルリアリティ展示など。
以後、他社にてCGスタジオを立ち上げ、CGアニメーションの企画・制作、ゲームデータ、WEBサイトの制作、教育コンテンツのシナリオおよびFLASH作成などに携わる。



顧問
羽住 博之(はずみ ひろゆき)
<略歴>
中央大学経済学部卒。卒後、大手筆記具メーカーに勤務。
1971年2月(株)日本システムテクノロジー設立に参画。専務取締役として永年にわたって社長(実弟)と共に経営に携わる。
2005年にはWebマーケティングの成功により営業マン30人に匹敵する新規顧客獲得を達成。
数千万円だった利益を3年で4倍に押し上げる。
2006年10月に専務を退任して相談役に就任する。現在はWebマーケティングのプロモーションコンサルタントを開業する傍ら数社の企業・団体の顧問を歴任。
2010年3月、これまでの経営実践哲学をミッドメディアの活動に反映するために、ミッドメディア顧問に就任する。